ここから一歩。

インナーチャイルドときちんと向き合うために、己の足跡をふりかえるブログです。

2020.05.28.保育園など

母はわたしが小さい頃は専業主婦でしたが、それでも、妹が生まれて母が私を見てる余裕がなくなったため、1年くらいかな? 保育園に通いました。

わたしは2歳下と4歳下に妹が計2人いて、三姉妹の長女なのですが、あんまり長女っぽくないというか、お姉ちゃんっぽくないです。よく、長女がトトロを見てサツキちゃんに感情移入したりしてるけど、私は特には…って感じで、妹ふたりは年が近かったこともあって、あんまり面倒見たりした記憶がないですね… 小さい頃はふつうに仲良しで、おうちでキャッツアイごっことかしてましたが。

 

まあ、そんな感じでお姉ちゃんな私ですが、一人目の妹が生まれた時には、結構がっつり赤ちゃん返りしたそうです。まあ、そうですよね。世界中でいちばん愛されてて24時間いつでもナンバーワンアイドルだったのに、突然わたし以外のアイドルがどこからともなく世界に出現するわけですよ。もう絶対負けないと思うよね… 仕方ない… 残念ながら小さい頃の記憶でいちばん古いのが幼稚園の頃とかなので、妹が生まれた時のことは覚えてはいないんですけど、その時の驚きと焦りは察するにあまりあるなあと我ながら思います。

逆に、二人目の妹が生まれた時には、既に「かわいいなあ」って思える程度には自分は赤ちゃんじゃないという意識があった気がします。たぶん。二人目の妹が赤ちゃんの頃に、鼻がすごく低くて心配してて、お母さんに「●●ちゃんの鼻こんなに低くて大丈夫なの…?」って聞いて「赤ちゃんだからだよ」って言われたけど、赤ちゃんじゃなくなっても妹の鼻は低かったですね…(笑) 大人になった今は、別に低いってほど低くないけど、幼稚園くらいの頃とかはぺちゃ鼻だったと思います。「●●ちゃんの鼻、高くならなかったね…」とかって言ってた気がする(笑)

 

この頃だと思うんですけど、わたしがアニメ『キャンディ・キャンディ』の主題歌をうたってるのを親が録音してたのがあって、大きくなってからみんなで聞いて爆笑したりしてました。

 

保育園のことはあんまり覚えてないんですが、『七ひきの子やぎ』の劇をやって、わたしがお母さんヤギの役をやったことと、あと、まったくお昼寝しない子だったことはすごく覚えてますね… 今となっては隙あらば寝ることしか考えてなくて、三度の飯より睡眠が好きな私だというのに、当時はみんなが寝てる横で絵本読んでました。たぶんあまりにも寝ないから保育士さんたちもあきらめたんだと思う…(笑)